失敗しないための留意点

インバウンドマーケティングで失敗しないためには、どんなことに気を付ければよいでしょうか。
理論は色々ありますし、コンサルタントもたくさんいますので、方法論はある程度は確立しています。大切なことは何でしょうか?

潜在顧客を推奨者に育てるためには、発信する側が、常に正しい情報提供をすることに尽きるといえます。
たとえば、一つの商品が売れたからといって、次の商品を勧めるメールが送られて来たら、そのサイトには二度と訪問しないでしょう。購入者がサイトにもう一度訪問したときに、どこを見ているか等、サイト内の情報チェックの履歴を見れば、顧客の求めている情報が分析できるため、それに合わせたメールを送ると満足してもらえる可能性が高まります。
つまり、人々に与える嫌われないマーケティング活動が重要なのであり、このような活動をサイクルとして回すことを目指すのが、インバウンドマーケティングなのです。

このような方法が注目されているのは、やはり膨大な情報に囲まれている現代の私たちにとって必要な情報とは、個人個人にとってピンポイントで役立つ情報であり、それ以外のことに邪魔されることなく欲しい情報にたどり着けることが重視されるからなのです。
ユーザーに満足してもらうためには、どうすればよいかを考え抜いた末に出てきた方法であると理解できます。