インバウンドマーケティングの狙い

インバウンドマーケティングの狙いと戦略はどのようなものなのでしょうか。
基本コンセプトは「こちらへ向かってくる人々に対応するマーケティング」です。

従来の手法は各メディアが集めた読者や視聴者へのリーチがベースであらかじめ用意された広告枠などを買って注目を集める戦略を取っていましたが、インバウンドでは、ブログや動画コンテンツなどを自分たちで作り、そこに誘導する努力が必要になります。つまりインバウンドは、直接消費者とつながる時代にあったマーケティングなのです。

実際にこの手法に取り組むための最初のステップは、人々にとって役立つコンテンツを用意し、それを見つけてもらうことです。情報検索している人をサイト訪問者にすることです。

次にその人々の課題に参考になる情報をダウンロードしてもらう代わりにメールアドレスやプロフィールを提供してもらうと、彼らが見込み客になります。提供した情報によって信頼してもらい、商品を購入してもらうと、彼らが推奨者になり、SNSなどで広めてくれるようになるのです。
簡単にいえば、サイト訪問者を潜在顧客に育て、彼らを推奨者にしていくためのマーケティング活動がインバウンドマーケティングなのです。